自分が勤務で担当した患者さんが急変で亡くなった時

看護師の仕事をしていると、人の生死に関わることが沢山ありますよね。 病院では、治療の甲斐無く亡くなる患者さんも多くいます。 患者さんが亡くなるのって、いくら経験しても慣れることが出来ません( ;´Д`) 人の死に関わると、悲しみだけではなく、なんとも言えない虚しさが残るんですよね。 それが自分の受け持ち患者さんだった時は、一層そういった気持ちが強くなります。 自分の受け持ち患者さんは、やはり他の患者さん以上に思い入れが強くなりますよね(´・Д・)」 患者さんに対して平等に接することはもちろん基本です。 受け持ち患者さんの場合、入院初日から様々な関わりを通して、患者さんと深く付き合っていますし、信頼関係を築くためコミュニケーションも密に取っています。 患者さんが早く元気になって退院出来るよう、入院生活が出来るだけ苦痛の少ないものになるよう、受け持ち看護師は看護方針や看護計画を立てています_φ(・_・ だから、受け持ちの患者さんが元気に退院してくれることが一番嬉しいことですよね。 しかし、必ずしも嬉しい結果がでるわけではなく、まさかの急変もあります。 だいぶ調子が良くなって来たと喜んでいた矢先の急変、ステルベンは、ショックも大きいですよね(;´Д`A もし、こうなることが分かっていれば、もっと患者さんの声に耳を傾け、患者さんに最期の時を有意義に過ごしてもらえるように関わることが出来たのに…。 そんなことを後から思っても仕方がないのですよね。 だから、常に患者さんとの関わりは大事にしなくてはならないと思うのですが、業務に追われる日々、現実には難しい状況です。 看護師のように生死に関わる仕事って本当に大変だとつくづく思います( ;´Д`) しかし、やはり患者さんが元気に退院してくれたり、患者さんから感謝の気持ちを伝えてもらえた時などの喜びはひとしおです。 そんな喜びがあるからこそ、辛い仕事も頑張れますねo(^_^)o